ハイパーゆで子のブログ

マレーシアの人材会社で働いてます。マレーシアの就職とか生活とかについて。マレーシア就職についてのお問い合わせはhyperyudeko@gmail.com

知り合った女子と距離を縮めたいあまりに、モテない男子がやってしまいがちなLINE3パターン

まず始めに断わっておきますが、今回の記事は1から10まで完全に個人的な(少ないサンプルに基づいた)独断と偏見でございます。特に私はLINEとか電話で世間話や雑談をするのが非常に苦手なため、余計に辛辣になってると思います。

 

最初に結論から言うと「LNEで距離が縮まる事はほとんどない」。

LINE交換したけど会った時にあまり話せなかったからLINEで挽回!とか思ってると事故ります。

その中でも特に「距離感わかってなくて事故ってる」パターンを3例上げてみたいと思います。

いきなり名前呼び・呼び捨て

会ってた時は「石原さん」と呼んでたのに、LINEとなると急に「さとみちゃん何してるの?」とか「さとみって何が好きなの?」とか言い出す男。

けっこう気持ち悪いうえに「いきなり名前で呼ぶのやめてもらえませんか」とも言いにくい罠。会ってた時に「石原さん」と呼んでいたならそのまま貫いてください。

LINE上で「さとみって呼んでもいいかな?」とか聞くのもNG。きもいです。

質問攻め&連投

「今何してるの?」「週末は何してるの?」「お酒強いの?」「おススメの本教えてー」「ご飯何食べた?」・・・

うぜーーーー!

くっそどうでもいい事を延々と聞いてくる男。しかもちょっと返さなかったら追い打ちで「おーい?」「忙しいかな?」とか来るしもう…。壁打ちの壁になった気分。ただひたすらにめんどくさい。

個人的に最も害悪度が高いのがこのパターンです。

何でお前に生活を逐一報告しなきゃいかんのだ。

そして何が何でもLINEを途切れさすまいという執念が感じられるのもまた怖い。これ以上仲良くなる事はないので落ち着いてほしい。

親身になろうとしてやたらポエミィ

頻出ワードは「おれでよかったら話聞くからさ(^^)」

いや結構です!と即座に返したくなるポエム感。

「さとみさんて強いよね!そういうところ尊敬するよ(^^)」みたいな謎にポエミィな持ち上げ方をしてくるのもこのパターンの特徴。大体絵文字、顔文字も何となくイラっとくる使い方をしてくる。

会ってた時に何か悩みを相談したとか、愚痴を聞いてもらったとかそういう流れがあるならまだしも、なんっにもないのに急にポエム感出されると引きます。

何なんだろう。頼れる男アピールなのか?内面を見ている俺アピールなのか?

多少イケメンだったとしても、多少好意を持っていたとしても、ポエミィ系男子とわかった瞬間に冷めます。

まとめ

大事なのは相手との実際の距離感です。LINEは距離を縮めるツールではなく、せいぜい距離を維持するツールです。

軽い世間話しかしたことない人に何の前触れもなく「何でも相談してよ」とか言われても困ります。

色々聞きたいなら会ったときに聞きましょう。それができないならそういう関係でしかないので無理にLINEでゴリゴリくるのはやめてほしい。

会ってる時に大して話さないのにLINEでオラつき始める人とかめっちゃ印象悪いです。むしろ話すとチャラいけど意外とLINEだと丁寧だな、の方が良い。 

ていうかさっさと次の約束を取り付ければいいのに。それができないならもう無理だからぐだぐだLINE引っ張らないであきらめてくれ。

なんか全然まとまってない上にいったい誰に向けて書いているのだろうか。

自分の立ち位置を見失ってきたところでおわりにします。