ハイパーゆで子のブログ

マレーシアの人材会社で働いてます。マレーシアの就職とか生活とかについて。

マレーシアのコールセンター事情ーメリットとデメリット

マレーシアの求人で圧倒的に多いのは、コールセンター及びカスタマーサポート関連のお仕事です。

マレーシアの求人を検索したことがある人なら一度は求人広告を目にしたことがあるのではないでしょうか。

 

多くのコールセンターを運営しているのは、いわゆるBPO企業で、旅行系や航空系、ECなど様々のカスタマーサポート系のプロジェクトがあります。

マレーシアでは政府がこういったBPO企業を優遇しており、そのため最近では多くのBPO企業がマレーシアに進出してきています。

各プロジェクトの日本人対応チームで大量の採用をするため、日本人の需要が高まっています。

 

実際マレーシアのコールセンターってどうなの?という問い合わせも多く来ます。

そこでマレーシアのコールセンター求人を扱っている私が見た、コールセンターのメリット・デメリットを挙げてみたいと思います。

 

メリット1:とにかく入りやすい

多くのコールセンターで最も重要視しているのはとにかく「日本語が話せる」という事です。

なので年齢も経歴もほとんど問われず、日本人であれば(日本人じゃなくても日本語が話せれば)OKです。

また、上記で書いたようにBPO企業は政府から優遇されているためビザが取りやすいのも特徴です。

通常、マレーシアのビザは大卒+3年以上の社会人経験が必須と言われていますが、BPO企業であれば新卒でも問題なくビザが取れるのです。

選考も1-2回の電話面談ですぐに結果が出るので早ければ1か月以内に就業開始できます。

 

メリット2:待遇が良い

コールセンター求人は完全に売り手市場で、各社日本人の取り合い状態です。

そのためどこも福利厚生が充実しています。

医療保険完備

片道航空券支給

渡航してから1-2週間程度の住居サポート

英語レッスン 

などなど、このあたりは多くのコールセンターがサポートしています。

もちろん有給休暇、傷病休暇もありますし、普通に取りやすいです。

他にも各社独自の待遇があったりします。

給与についても、コールセンターだから低いという事も全くなく、未経験でもRM6000~RM7500程度、経験次第ではRM10000以上のところもあります。※RM1=約27円

 

マレーシアの生活費についてはこちら↓にまとめてますが、RM6000でも余裕で暮らせます。

 

hyperyude.hatenablog.com

 

税金についても要チェック

 

hyperyude.hatenablog.com

 

 

メリット3:マレーシアのお試し期間にぴったり

マレーシア移住に興味はあるものの、ほんとに自分に合うのか、ずっと暮らしていけるのかどうかわからない…言葉の問題も不安…

 

あると思います!

そんな時に最初の一歩をコールセンターで始めるのはとても良いと思います。

1年くらい働きながら住んでみて、やっぱり合わなければ帰ればいいし、腰を据えて住みたいと思えば改めてそこから転職活動をするのもいいし、コールセンター内で上位ポジションを目指していくのもあり。

 

メリット4:日本語で仕事ができる&英語が学べる

仕事は基本的に日本人の対応なので、日本語で仕事ができます。

とはいえ、BPO企業は外資系が多いので、スタッフは多国籍で社内では英語が必要になる事もあります。

上記にも書いたように英語レッスンがある企業もありますし、同僚たちとのコミュニケーションを通じて英語のレベルアップもできます。

(日本語のバックアップ体制が整っていて全く英語ができない人でも働けるコールセンターもありますよ!)

 

以上がぱっと思いつく限りのメリットでしょうか。

続いてデメリット。

 

デメリット1:退職に縛りがある

コールセンターによっては、1年以内に辞める場合にペナルティが発生するというルールがあるところがあります

内容は様々ですが、”RM●●を払わないといけない”だったり、”ビザ費用、航空券費用の返還”だったりします。

なので、とりあえず1年は働く心持ちで応募した方が良いです。

 

デメリット2:体力的・精神的に疲れる(かも)

コールセンターはクレーム対応も当然発生するので、人によってはメンタルにくるかもしれません。

また、大体が24時間体制なので夜勤もあります。若い人は大丈夫だと思いますが、年齢が上がってくると体力的にきついかもしれません。

実際体調を崩して辞める方もいます。

シフト勤務は向き不向きがあると思うので、その辺りは考えた方が良いと思います。

 

この辺りがデメリットでしょうか。

もし中で働いている人がいたらどんな事がつらいか教えてほしい。

 

来年もコールセンター需要は高まっていくことが予想されます。

色々ネガティブな情報も多いコールセンターですが、これほど応募ハードルが低い(しかも待遇もなかなか良い)求人は他の国ではなかなかないので、海外就職の入り口としては全然ありな選択肢だと私は思います。

 

マレーシア求人について以下にまとめています。

コールセンター以外も。

気になる求人があればこちらまで⇒hyperyudeko@gmail.com

 

 

hyperyude.hatenablog.com