【小学校時代の思い出】教頭先生の話 ~大人は裏切る~

小学校3年生の時だったと思う。

夏休み明けの全校集会で生徒がみんな体育館に集まって、そこで教頭先生の話があったんだよね。

内容は教頭が小さい時の話で、うろ覚えだけどこんな感じ。

 

小さい時、かなり田舎に住んでいる祖母の家に遊びに行った。
ある時、家の周りで遊んでいたか何かしていたら、熊に遭遇してしまった!ピンチ!

 

「皆さん、熊に会った私はどうしたと思いますか?」

 

うろ覚えと文章能力のおかげで4行にまとまってしまったが、こんな内容だった。
話し方もおもしろくて私はかなり引き込まれていた。
どうなったんだろう!?ドキドキ。周りの生徒もそんな雰囲気だったと思う。

 

「続きは来年の夏休み明けにお話しします」

 

まじか!そこで引っ張るか!気になるよ!
といってもしょうがない。来年か・・・。


そして1年後の夏休み明け。
教頭の話す番が来た。

 

私は熊の話を完璧に覚えていた!
めっちゃ楽しみにしていた!
熊に会ってどうなったんだ!!!

しかし一向に熊の話に触れない教頭。
私は待った。
熊は!熊の話はいつ出てくるのか!

そしてついに、
教頭は話を終えて壇上を降りた。

 

熊の話はしなかった。

 

なんで・・・なんでだよ・・・

 

  f:id:hyperyude:20170809184450j:plain


「先生!去年熊の話してたじゃないですか!続きは今年話すって言ったじゃないですか!話が違うよ!!!」

なんてクレームつけにいけるほどアグレッシブな子供ではなかった。
教頭とか普段会う機会ないし。

忘れるくらいなら1年越しで引っ張るなよ!泣


30超えた今でも思い出すくらいだから相当ショックだったんだろうなぁ 笑

大人は裏切る という事を知った夏の終わりでした。

 

 

熊が人を襲うとき

熊が人を襲うとき