マレーシア就職にあたって知っておくべき税金事情

自分の税金にまつわるゴタゴタがやっと収束しそうなので、備忘録とこれからマレーシアで働く人のためにマレーシアの税金システムについて書いておきます。

念のため、あくまでこれは2018年6月時点での私の記憶に基づくものです。必ず会社か然るべき所に確認することをお薦めします。政権も変わったことですし法律はいつ変わるかわからないからね。

居住者・非居住者と183日ルール

マレーシアの所得税率は0%~28%ですが、居住者と非居住者では税率が変わります。

非居住者の税率はマックスの28%!

給料のほぼ3割が税金で持ってかれます。だいぶインパクトあります。

居住者の税率は累進課税なので一概に言えないですが大体10-15%前後に収まることが多いようです。

詳しくはこちら(英語だけど表があるからわかりやすいです)

www.3ecpa.com.my

では、何をもって居住者とみなされるのかというと

1年の中で183日間マレーシアに滞在している事です。

1年というのは1月1日から12月31日の期間の事です。

逆に言えば、183日間は非居住者とみなされ、28%の税金を払う必要があるという事です。

ただし、居住者となった後の確定申告で過払い分については返還されます。

でもいくら返ってくると言ってもマレーシアに来たばっかりで物入りの時期に手取りからほぼ3割引かれるってのはけっこうしんどい…。

で、ここで気になるのが、1/1-12/31という期間。

ちょっとケースごとにシミュレーションしてみよう。

ケース1 1月1日に来馬した場合

この場合、1度も出国しなければ7月2日までは非居住者、7月3日からは居住者となります。

ケース2 年をまたぐ場合

まさに私がこれですが、私は2017年の9月に来馬したので。12月31日までに183日を過ごす事はどうしたって無理なわけです。

その場合どうなるか。

1月1日からカウントがリセットされます。

つまり、2017年の9月から12月まで3ヶ月間+2018年の1月から7月までの7ヶ月間=計10ヵ月間28%の税金を支払う事になります。

わーお!最悪!

14日間ルール

ただ上でも書いたように、過払い分は居住者になった後に返還されます。

が、上記のケースでの、2017年の3ヶ月分の返還に関しては条件があって、それは累積で14日間以上マレーシアから出国してはいけない(ビジネスは例外)というものです。

例えば、私は年末年始に7日ほど出国していますが、もしこれが15日間だったとしたら、2017年の3カ月分については返還を受けられないようです。

マレーシアは近隣諸国にも旅行しやすいですが、きちんと自分の居住者ステータスを把握しておかないと、場合によっては損する事になります。

 

まとめ

  • 非居住者の税率は28%
  • 居住者になるためには1/1-12/31の間で183日以上滞在が必要
  • 年内に183日を満たさない場合、翌年の1/1から183日が必要
  • 前年の過払い金の返還には、マレーシア出国は14日以内に抑えなければいけない(ビジネス除く)

正直、私もまだ非居住者期間で、特に14日間ルールと前年の過払い分の返還について上記の認識で合ってるのか不安ですが、自分の会社の人事と、税務署と、現地の税理士に聞いたところをまとめてみました。

非居住者期間が終わったら税務署で前年分の返還を受けられるそうなので、無事に変換されたらまた追記します。

7月以降にマレーシアで就職される方は年内で183日に満たないので、税金について事前にしっかり確認することをお勧めします。

 

 

マレーシアで半日余ったらダチョウに乗りに行ってはどうだろうか

4連休の2日目になぜかダチョウに乗りに行ってきた。

誰もが気になって止まないであろうダチョウの乗り方について書こうと思う。

 

そこはクアラルンプールから車で1時間程度のSeremban、ジュリタオーストリッチファーム

天気も良くてダチョウ日和!っていうかめっちゃ暑い。

帽子を持っていけばよかった。日焼け止めも必須。

駐車場はない?みたいで適当にみんな止めてました。 

 

 入り口で入場料RM10を払います。

この人がオーナーらしいです。日本人けっこう来るみたいで「ダチョウ!」と言ってました。

エサ(コーン)は別途RM1です。

 

中に入ると早速ダチョウが!

 でかい。

羽が黒いのがオスでグレーがメスらしい。

ヤギもいる

まつ毛がバシバシ。

 

 ヤギもダチョウも牧場内でかなり奔放に歩き回っているので、戯れる事ができます。が、ダチョウは自分の2倍くらいある上にすごい勢いでエサを狙ってくるのでけっこうこわい。

一通り戯れたりダチョウの卵に乗ったり(めちゃ固い) などしてから、いざダチョウに乗る!

 

背中から乗って羽の根本を掴みます。痛くないのだろうか・・・。

皆が乗っているであろう場所は毛が禿げかけていてちょっとかわいそうでした。

 

乗り心地は・・・こわい!

バランスの取り方がわからなくて体感20秒くらいしか乗れなかった。

ダチョウは目隠しされているせいか慣れているのかとってもおとなしかったです。

 

その後は鳥使いごっこをしたり

スタッフによるダチョウレースを見て終了。(良い感じの写真がとれなかった)

滞在は1時間程度でしたが、すごく充実しました。

楽しかった!

まぁまた行こうとは思わないけど笑

最後にダチョウに乗った証明書をくれます。

Jelita Ostrich Farm
Kampung Sungai Terip, 70400 
Seremban
06-767 0707
9:00-17:00
 
 

 

マレーシアに来て4か月が経ったので生活費をまとめてみた

毎日楽しくてあっという間に4か月がたちました。

そろそろ生活も落ち着いてきたので結局マレーシアで暮らすといくらかかるのか?

ってところを赤裸々公開してしまおう。

生活費どれくらいかかる?ってめっちゃ聞かれるんだけど、まぁ正直そんなん人によりますとしか言えないんだけどあくまで一例ってことで参考にしてください。

 

中の人はこんな人

  • 30代女、独身。1人暮らし。
  • 勤務、住まい共にクアラルンプール(以下KL)市内。
  • 飲み会外食大好き。自炊ほぼしない。
  • 寒がり。

こんな家に住んでいます

KLの中心部のコンドミニアムに一人暮らしです。

日本だと多分銀座とか丸の内のど真ん中って感じの所になるのかな。

間取りはスタジオアタイプ(日本で言うワンルーム)で家具付き、ジム付き、プール付き24時間セキュリティ。

家賃はRM2800(約¥79000)

高っっ!!スタジオなのに高っ!!ってよく言われます。

高いです。もうちょっと離れればもっと安くて同じレベルのコンドミニアムもいっぱいあるみたい。

私的には日本だったらこの値段でこんな設備よくてセキュリティしっかりしてて会社から徒歩圏のとこなんて絶対住めないし満足。自分ち大好き。ずっとひきこもっていたい。

大家さんもいい人で最初はもっと高い家賃提示されたけど、価格交渉して日本人はきれいに使うからって事で安くしてくれました。日本人に貸したいというオーナーは多いらしいですよ。みんなきれいに使ってね。

余談だけど、家賃いくらって話はこっちではあんまりしない方が良いです。日本人同士なら良いけど、ローカルスタッフと日本人は給与水準が全然違うので、家賃を言うと給料を想像されてしまいます。

しかしローカルの同僚みんな私の家知ってるから家賃言ってないけどあんま意味ない気がするっていう。。。

水道、電気、ガス、ネット

  • 水道:約RM5(約¥140)
  • ガス:約RM5(約¥140)
  • 電気:約RM50-RM70 (約¥1400-¥2000)
  • ネット:RM150(約¥4200)

水とガス安くてびびった。

うちはガスコンロで、週に数回軽く使う程度。パスタ茹でるとか卵焼くとか。

エアコンは1日数時間で寝てる間は消します。テレビは全く見ない。

ネットは月額でWifiを契約してます。

食費

総合してRM1000-RM1500くらいかな。(約¥28000-¥42000)

酒代、飲み会含んでます。

最初に書いたように私はお酒が好きなんだけど、マレーシアはお酒が高いんだよね。

バーとか居酒屋でビール頼むと安くて1杯RM20(約¥560)とかなので、ハッピーアワーを駆使するか、スーパーで買って宅飲み。

スーパーでビール6缶のやつ買うとRM30(約¥850)

食事は安く抑えようと思えばできます。ショッピングモールのフードコートならRM10-15程度(約¥280-¥420)

ローカルフードなら1食RM10以下でいけます。

めっちゃ大好きなドライワンタンミー。いくらか忘れたけど¥200くらいとかだったかな?

これもドライワンタンミー。ドライワンタンミー食べ歩いてます。

ローカルの友達に連れてってもらったフードコート。

 

日本食のお店で定食とか頼むとRM20-RM30(約¥560-¥850)

日本食レストランとか日本の居酒屋はいっぱいあります。

日本人同士の飲み会だと1回RM100-200前後(約¥2800-¥5600)なので、その辺はあんまり日本と変わらないかな。

お酒飲まなくて、ローカルフードメインなら食費は多分半分とかそれ以下に抑えられると思います。基本的に私は食と酒についてはあまり節約意識はありませんが、ローカルフード大好きマン&食は細め~普通レベルなので、酒と飲み会のウエイトが大きいですね。

交通費

移動は基本タクシー、というかGrabとかUberを使います。

どこに行っても大体数百円程度なので安いです。

月に大体RM200-250前後(約¥5600-¥7000)

通勤は徒歩なので、もっぱら飲みに行く代です。

電車はあんまり使わないけど、数十円から数百円で安いです。

その他

日用品、服、化粧品、マッサージetc..でRM1000弱(約¥28000)でしょうか。

この辺は変動大きいです。

まとめ

  • 家賃:RM2800(約¥79000)
  • 水道:約RM5(約¥140)
  • ガス:約RM5(約¥140)
  • 電気:約RM50-RM70 (約¥1400-¥2000)
  • ネット:RM150(約¥4200)
  • 食費:RM1000-RM1500(約¥28000-¥42000)
  • 交通費:RM200-250前後(約¥5600-¥7000)
  • その他:RM1000弱(約¥28000)

計     RM5780(約¥16万3000)

※変動がある部分は高い方で計算

※1RM=28円(2018年1月)

 

大体こんな感じ。

もう少し節約できそうだな。 

マレーシアの物価は日本の3分の1とか言われてたけど、体感的にはそこまでは安くない気がします。

ちなみに「マレーシア 生活費」で1ページ目に出てくるこの記事は2016年のもので

1RM24円ですね。今は28円なので日本円で考えるとかかるお金は高くなってます。ていうかこの方食費と外食費恐ろしく抑えられてますね。すごいっす。

今は何となくこれくらいで暮らしてますが、来た当初は色々揃えたりしててもっとかかってました。デポジット払わないといけなかったり。(デポジットは後で返ってくるけど、生活始めで物入りの時には辛かった。)

あくまでこれは私の例なので、住む場所とか家族がいる人とか、生活スタイルによって変わってくるという事を念頭に置いたうえで参考にしてください。

 

日本人の残り香がするスタジオ

今会社の人達とバンドをやってて、StudioHiveっていうスタジオを使ってるんだけど、もともと日本人?マレーシア系日本人?がやってたらしく、日本感がちょっとあっておもしろい。

ちなみにバンドのメンバーは私以外みんなマレーシア人。

思いっきり住宅街にあって、多分家を改装したのかな?

中は広いけどこの1室のみ。防音設備はなし。

めっちゃメンバー写り込んでるけどまぁいいや。

シンバル割れまくり。

普通の家にあるような冷蔵庫が置いてあって中にビールが冷えてます。

350mlでRM8(230円くらい)

料金は料金箱に入れます。各々の良心に委ねられています。

日本のバンドのフライヤーがいっぱい貼ってあって懐かしい気持ちになる。

 

まぁ全然きれいじゃないしシステムもよくわかんないし設備もアレなので(ドラム以外よくわかんないけど)おすすめはできないし日本人が行くことはまずないと思うけど、こんなところでも日本のバンド魂があると思うと熱いよね。

元々のオーナーの日本人は今は日本にいるらしく、このスタジオは有志の人で?運営しているみたい。週末の午前中とか予約しようとしても起きられないから無理とか言われるし。

マレーシアのローカルバンド事情でした。

 

 

ドラムスティック買ったった!!

先日色んな部署の人が集まるミーティングがあって、その時にドラム叩けるって自己紹介したら、次の日に全然知らない人から声かけられて社内バンドを組むことになりました。やったー!

ちょっとアピールしてみるもんですね。

とはいえここ何年もまともに叩いてないのでどれだけ衰えてるのか恐ろしい。

 

という事でとりあえずドラムスティックを買いました。

買ったのはBukit bintangにあるBentley Music Academyです。

Bukit Bintang Branch

Bentley Music Academy Sdn. Bhd. (245144-W)
140-142 2nd Floor, Jalan Bukit Bintang,
55100 Kuala Lumpur, Malaysia
Tel : (603) 2144 3333 ext 228
Fax: (603) 7726 3328 

Operating Hours:
Monday - Sunday (10.00 am - 7.00 pm)
Public Holiday (11.00 am - 7.00 pm)

シーシャのお店が並んでる通り、師父というマッサージ屋の上にあります。

お腹が空いてて写真を撮るのを忘れてた。

このTAMAのスティックはRM43(約¥1150)でした。日本よりちょっと高い気がするなぁ。日本では1000円切ってた気がする。

来週からスタジオ入るみたいなので楽しみ。練習しよー!

 

持ち帰り文化がもっと日本でも広まればいいのに

マレーシアでは(というかこの周辺国では)食べきれなかった分を持ち帰るのはけっこう普通です。

大衆的なお店でも、良い感じのレストランでも持ち帰りたいと言うとこんな感じでタッパーに入れてくれます。しかもレンジにも対応してたりするので、みみっちい私は家でも再利用しています。笑

 

ただし、詰め方は「皿そのままひっくり返したよね?」って感じで美しくはない。

先日はひとりで飲みに行ったときにおつまみのつもりで頼んだナチョスがまさかのパーティーサイズで出てきて、(1人なんだから店員も大きいって教えてくれればいいのに)半分も食べられなかったので持ち帰りにしてもらったらピザ用の箱で来ました。

次の日の朝いただきました。

生ものはさすがに避けるけど、私は最近あまり量を食べられないので、「残しちゃってもったいないなぁ」とならないで済むのはとっても良い事だと思っています。

ちょっと調べたら日本でも対応してくれるお店もあるみたいですね。衛生上対応してないお店も多いようですが。

それ以前に持ち帰るっていう行為がなんとなくみみっちいというかなんというか恥ずかしい事とみなされてますよね。お金出して買ったものなんだから恥ずかしい事ないと思うんだけど。

最近はこんな取組みもあるようです。

ドギーバッグ普及委員会

自己責任表明カード

ドギーバッグ普及委員会では、自己責任で持ち帰ることを店側に証明する「自己責任表明カード」の普及活動などにより、飲食店や消費者に食品衛生上のトラブルが生じないよう呼びかけを行っています。

たことないけど。ていうかカード持ち歩くとかめんどくさっ!

変な人も多いからしょうがないんだろうけど、こういう回りくどい感じがもはや様式美というか、日本!!て感じですね。

日本の食品ロスは年間約632万トンだそうです。飲食店の残り物はその一部だけど、無駄になる食材も減るし、次の日の朝食も考えなくていいし(私だけか?)もっと持ち帰り文化が広まればいいなぁと思っています。

ちなみに持ち帰りをお願いする時は

Could you pack it up?

May I take it away?

などと言っています。もっとスマートな言い方があったら教えてください。

 

知り合った女子と距離を縮めたいあまりに、モテない男子がやってしまいがちなLINE3パターン

まず始めに断わっておきますが、今回の記事は1から10まで完全に個人的な(少ないサンプルに基づいた)独断と偏見でございます。特に私はLINEとか電話で世間話や雑談をするのが非常に苦手なため、余計に辛辣になってると思います。

 

最初に結論から言うと「LNEで距離が縮まる事はほとんどない」。

LINE交換したけど会った時にあまり話せなかったからLINEで挽回!とか思ってると事故ります。

その中でも特に「距離感わかってなくて事故ってる」パターンを3例上げてみたいと思います。

いきなり名前呼び・呼び捨て

会ってた時は「石原さん」と呼んでたのに、LINEとなると急に「さとみちゃん何してるの?」とか「さとみって何が好きなの?」とか言い出す男。

けっこう気持ち悪いうえに「いきなり名前で呼ぶのやめてもらえませんか」とも言いにくい罠。会ってた時に「石原さん」と呼んでいたならそのまま貫いてください。

LINE上で「さとみって呼んでもいいかな?」とか聞くのもNG。きもいです。

質問攻め&連投

「今何してるの?」「週末は何してるの?」「お酒強いの?」「おススメの本教えてー」「ご飯何食べた?」・・・

うぜーーーー!

くっそどうでもいい事を延々と聞いてくる男。しかもちょっと返さなかったら追い打ちで「おーい?」「忙しいかな?」とか来るしもう…。壁打ちの壁になった気分。ただひたすらにめんどくさい。

個人的に最も害悪度が高いのがこのパターンです。

何でお前に生活を逐一報告しなきゃいかんのだ。

そして何が何でもLINEを途切れさすまいという執念が感じられるのもまた怖い。これ以上仲良くなる事はないので落ち着いてほしい。

親身になろうとしてやたらポエミィ

頻出ワードは「おれでよかったら話聞くからさ(^^)」

いや結構です!と即座に返したくなるポエム感。

「さとみさんて強いよね!そういうところ尊敬するよ(^^)」みたいな謎にポエミィな持ち上げ方をしてくるのもこのパターンの特徴。大体絵文字、顔文字も何となくイラっとくる使い方をしてくる。

会ってた時に何か悩みを相談したとか、愚痴を聞いてもらったとかそういう流れがあるならまだしも、なんっにもないのに急にポエム感出されると引きます。

何なんだろう。頼れる男アピールなのか?内面を見ている俺アピールなのか?

多少イケメンだったとしても、多少好意を持っていたとしても、ポエミィ系男子とわかった瞬間に冷めます。

まとめ

大事なのは相手との実際の距離感です。LINEは距離を縮めるツールではなく、せいぜい距離を維持するツールです。

軽い世間話しかしたことない人に何の前触れもなく「何でも相談してよ」とか言われても困ります。

色々聞きたいなら会ったときに聞きましょう。それができないならそういう関係でしかないので無理にLINEでゴリゴリくるのはやめてほしい。

会ってる時に大して話さないのにLINEでオラつき始める人とかめっちゃ印象悪いです。むしろ話すとチャラいけど意外とLINEだと丁寧だな、の方が良い。 

ていうかさっさと次の約束を取り付ければいいのに。それができないならもう無理だからぐだぐだLINE引っ張らないであきらめてくれ。

なんか全然まとまってない上にいったい誰に向けて書いているのだろうか。

自分の立ち位置を見失ってきたところでおわりにします。